東日本大震災・その後の福島

           東日本大震災

     福島県相馬市 「原釜地区」「磯部地区」 

 
福島県は、

「西の会津」「中央の中通り」「東の浜通り」

                
               と3つのエリアに分かれていて、

  相馬市は東の浜通りの北部に位置します。

福島県地図       
   相馬市地図
                   □① 原釜地区  □③・④ 磯部地区



平成23年3月11日、東日本大震災が起こりました。
相馬市でも一番被害が大きかった場所は「原釜地区」と「磯部地区」です。


私の母は「原釜」で生まれ育ちました。母の生家は、今回の震災で津波に流されてしまいました。さらに、多くの親戚もさらわれ、命を落としました。


私の叔母は「磯部」に住んでいます。相馬市で亡くなられた方の半分以上が磯部地区の方で津波に流されお亡くなりになりました。



           「原釜地区」

                  「原釜地区」は、

  太平洋に面しているため家がほぼ全滅した地区です。平成22年3月11日(震災当日)
画像の説明
画像の説明
画像の説明

  自衛隊の方が道を作って下さいました 平成22年3月26日(震災15日後の様子)
画像の説明


画像の説明



              道路に漁船が流されてきました
画像の説明
              
画像の説明

画像の説明


              海の中に車、家が浮かんでいます
画像の説明
画像の説明               
               
                          (約2年後)平成24年4月28日
画像の説明



画像の説明



                           (約3年後)平成25年2月24日
画像の説明



画像の説明



画像の説明




            ここは「私の母の実家」があった場所です
              お風呂場のタイルだけが残りました
                         (約1年半後)平成23年8月17日
画像の説明
                          



                          (約2年後)平成24年4月28日
画像の説明
                           


                          (約3年後)平成25年2月24日
画像の説明
                           

                         (約4年5か月後)平成26年8月29日 

画像の説明
              実家があった場所(現在は相馬市管理)

                          (約5年2か月後)平成27年5月3日
画像の説明
       原釜地区実家付近は平地で、堤防の資材置き場になっていた箇所もありました

                         (約4年5か月後)平成26年8月29日
画像の説明
               相馬市原釜 慰霊碑が建てられていました

画像の説明
                漁具倉庫施設が作られていました
 

画像の説明
             現在も漁師さんが海を掃除してくれています

画像の説明
                 震災以降橋は通行止めです

画像の説明
                     相馬港

                          (約5年2カ月後)平成27年5月3日

画像の説明
        原釜地区実家付近は平地になっていて、堤防を作り始めていました

画像の説明
           以前住んでいた母の実家側に堤防を作り始めていました

画像の説明
       堤防の資材置き場(震災前は住民が生活をしていた場所です)




           「磯部地区」 

                  「磯部地区」は、
                     
        約500世帯あった家が400世帯ほど津波に流されてしまいました。 

              私の叔母は、「磯部地区」に住んでいます。

震災の日、高台に住んでいる家から見渡すと、まったくの海だったそうです。

叔母は、この壊滅した地区のなかを毎日、車で通勤しています。
電柱も倒れ、建物も街灯もないので、 夜はほとんど何も見えません。


                           (約2年後)平成24年4月28日


画像の説明



画像の説明



画像の説明


                           (約3年後)平成25年2月24日

画像の説明



画像の説明



画像の説明

                         (約4年5か月後)平成26年8月29日
画像の説明
               相馬市磯部 慰霊碑が建てられていました
画像の説明
             災害集合住宅完成(災害県では福島県相馬市が第一号)

                          (約5年2カ月後)平成27年5月3日
画像の説明

画像の説明
             陥没し穴の空いた道路がきれいに舗装されていました
       道路のかさ上げ作業が始まり、高台に数件新しい家も建っておりました

  4年ぶりに全線開通した常磐自動車道路 車窓からは放射線量5の数字が1箇所ありました

画像の説明
画像の説明
画像の説明

            平成27年8月 福島県相馬市に行ってきました

             今回は震災後にできた施設の一部を紹介します

      伝承鎮魂祈念館」①(でんしょうちんこんきねんかん)
画像の説明
画像の説明
   津波で亡くなった方のお名前が記載したパネルと石像が入口付近においてあります  
            犠牲になった458人の方を偲んでいます。 

館内は東日本大災害以前の活気ある生活の様子がパネルで飾られていました。
4年前の大津波の様子がビデオ上映されていました。
                  (2011年3月11日15時50分頃の映像、希望者のみ)

当日の避難した方の驚きと緊迫した会話や家、車、瓦礫が海で流されていく瞬間が記録されていました。
近くあるテーブルには持ち主を探している写真が保管掲示されていました。

画像の説明
                 奇跡的に助かった「藤の花」





            「相馬市歴史資料収蔵館・郷土館」②

画像の説明

画像の説明
                   〈相馬の歴史〉
        ①相馬野馬追の模型や映像。(国の無形文化財に指定)
         毎年、7月の最終日土、日、月に開催。

        ②相馬の民謡
        「相馬盆歌」「相馬流山」「相馬二編返し」など

        ③相馬駒焼
        器にひびがあり走り馬が、えがかれているのが特徴。 




           「LVMH子どもアートメゾン」③
画像の説明
画像の説明
画像の説明

ここは、ブランドグループであるLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン・グループが整備資金を提供しています。

東日本大震災からの子どもたちの心理的ショックを和らげるための心理的なケアーをする場所に使われています。

図書・閲覧室、相談室、研修室、読み聞かせコーナーなどがあり、本は見やすくゆったりと棚ごとに整理されていました。

椅子、テーブル、柱は再生紙で作られているとは思えないほどしっかりとしていて、見事でした。




     常磐自動車道路南相馬サービスエリア 相馬野馬追勇姿④画像の説明



           復興に向け工事を行っております

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明



        これだけは現在も時計の針が14時48分で止まっています           
           (津波到着時刻)

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional