第3弾 中村第二中学校

      福島県相馬市立中村第二中学校


中村第二中学校は、


       日本百景にも選ばれた松川浦近くの高台にある中学校です。


画像の説明 
    (校庭です。大きな地震と津波で地面がわれています。)

画像の説明
 (職員室です。机の上の書類が崩れ落ち、ばらばらになっています。)

画像の説明 
 (職員室です。奥の部屋では棚が開いて物が飛び出しています。)



平成25年2月24日、菊池校長先生とお会いしお話を聞くことができました。

4月現在、221名の生徒さんがいて、近くには前回支援した中村第二小学校があります。

東日本大震災の時には、学校は高台にあるため無事でしたが、約300名の方が三ヶ月間体育館にシートを敷き避難生活をしていました。

三ヶ月使用したシートは汚れていて使うことができず、相馬市から「シート」と「シートを整理する用品」を一台いただいて、入学式、卒業式、体育大会、などで使用しているそうです。

しかし、シートが長いため巻きとる時に「心棒」が必要ですが、現在心棒が一本しかなく、シートを使った後の片付けにとても時間がかかるとのことでした。

また、バレーボールの支柱も古くて壊れているので、授業や大会などで使用する際は他校よりお借りしているとの事でした。


そこで第3弾は、

   中村第二中学校に「心棒21本」と「バレーボールの支柱」を
                            寄贈したいと思います。


 

[中村第二中学校ページ2]           

                                      

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional