第8弾 八幡小学校

    第8弾 福島県相馬市立八幡小学校

八幡小学校は、

     周囲には田畑が多く、涼が岡八幡神社が近くにある小学校です。

         児童は103名です。八幡幼稚園が隣接している小学校です。
    
画像の説明     
                  八幡小学校

画像の説明 
         笠原里美校長先生・石川貴義教頭先生・代表鳴島真紀   

画像の説明    
               手作りおみこし

 今回の支援は福島県相馬市立八幡小学校です。8月9日笠原聡美校長先生、石川貴義教頭先生、チクタクプロジェクト3名がお会いしました。
 
 東日本大震災では八幡小学校は海岸部より離れた位置にあり、避難所として体育館を開放しました。現在は海岸部のお子さんが数名転入してきています。近くには八幡神社があり、お祭りに参加したり、清掃をしたりし、地域との関わりを大切にしています。

今回は「体育館用で使用する緞帳(どんちょう)を支援していただきたい」と依頼がありました。
「緞帳」は入学式、卒業式、学校発表会、地域参加などの時に使用するものです。現在の「緞帳」は古く、破れている為ほころびを職員が手縫いでするものです。その都度補修をして使用しているとのことでした。

校長先生から「緞帳」を使い続け、以下の3つのことに気がついてほしいとお話がありました。

①子どもたち、保護者、地域の方にチクタクプロジェクトの活動を伝える

②震災後相馬を応援し、現在も定期的に支援が続いていることへの感謝

③震災を語りつぐことの大切さを伝えていきたい

        と校長先生のあたたかい気持ちが心に響きました。

                そこで8弾は、

     八幡学校に「緞帳(どんちょう)」を寄贈したいと思います。

         皆様のご支援の程宜しくお願い致します。

[八幡小学校ページ2]

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional